勃起不全ED治療薬の通販サイト

ED治療薬

器質性要因によるED勃起不全

器質性要因によるED勃起不全は病気やケガ、薬の副作用が原因のケースです。


器質性の勃起不全はいわゆる身体機能になんらかの異常や障害があり、そのため勃起することができないED勃起不全に分類されます。器質性とひとくくりにされていますが、細かく分けると陰茎性、神経性、中枢神経、脊髄神経、末梢神経、血管性、内分泌性、その他と複数の種類に分かれます。原因はさまざまですが、とりわけ手術や外傷によって神経に障害を受けるケース、他の病気によって血管や血流に障害が起き、ED勃起不全になってしまうケース、薬剤が原因のケースなど、直接身体に何らかの影響を与える出来事がきっかけになって、器質性勃起不全に至るケースがほとんどです。


具体的に言えば、頭部、脊髄、骨盤などの手術または受傷による神経機能の低下または欠損などが原因となるケース、抗鬱剤や抗コリン薬、抗アンドロゲン薬、喫煙過多などの薬の副作用や化学物質が原因となるケースです。


人気ED治療薬シアリスなどの勃起改善薬が効かない場合も!?

器質性勃起不全における勃起の程度はまちまちです。ある程度勃起を確保でき、射精が可能な方もいらっしゃいます。しかしながら、勃起にかかわる神経の損傷が原因となる場合、その回復は非常に困難であると言われています。この場合、バイアグラなど勃起改善を促す薬を処方しても、その効き目がないからです。交通事故によって、脊髄から性器につながる神経を損傷し、歩いたり運動したりといった日常生活をおくるには影響はないものの、勃起だけができないという方も現実にはいます。

神経が傷つくとその修復は非常に困難ですし、ペニスの中のどの神経がどのような損傷を受けているかを診断することでさえ現代医療では難しいとされていますので、器質性ED勃起不全の中でもこの手のケースは治療がもっとも難しい部類と考えていいかもしれません。


ED勃起不全そのものではなく、根本原因EDの治療が最優先です。

慢性疾患はED勃起不全の間接的な要因となっている場合、血流が問題となるようです。たとえば、高血圧の場合、血管にストレスが増し、それによって血管が損傷、その部分が固くなることで、ペニスに送られる血液量が少なくなるためEDになりやすいと言われていますし、糖尿の場合は血管や神経の圧迫で血管が固くなりますが、性的刺激を受けたとしても十分な血流が得られず、同じくEDになるケースが多いようです。ただこれらのケースは器質性勃起不全とひとくくりにするよりは、混合性勃起不全として認知されることが多いです。

器質性勃起不全の場合、EDそのものの治療も大切ですが、性質上、その根本原因のED治療が先行して行われる必要があるかもしれません。


>>勃起不全ED治療薬の詳細はこちらへ<<


勃起不全ED治療薬の通販サイト【勃起不全ED対策】!


勃起不全ED治療薬の通販サイトへようこそ
本店が販売している勃起不全治療薬は全て100%効果保証いたします。
勃起不全ED治療薬は催情剤ではありませんが、性生活を助ける精力剤です。
サイトで勃起薬の効果効能、使用方法、体験談などを掲しています!
格安の値段でED治療薬を簡単に入手できる!



銀行振込


 

配送料について
全国一律1200円です!15000円以上送料無料となります!

ご自宅に配送してほしくない場合
郵便局留め可能です

お荷物が税関で止められる場合
簡単再配送

発送の際には、店名、商品名等は記載せず外から中身がわからない
ように発送させていただいております。



情報サイトカテゴリ

PAGETOP